スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HONDARRIBIA へちょっと遠出

サンセバスチャンから 気軽に行けるお勧めの街といえば オンダリビア。
距離にして 20km近く。直行バスで 30分程度です。

直行バスのルート時刻表のWEB

これは 市内、GUIPUZCOA広場より 高速をとおって 空港経由でゆくダイレクト便。
このほかのものに乗ると、その間の村を通るので ひどいときは1時間くらいかかっちゃいます。

hondarribia 149_R
フランス国境にあるだけあって、見ての通り城壁の町。
小さいながらも 600年も前から カステージャ王国より 町の称号をもらっている由緒正しいとこなんです。

この立派な門をくぐると。。。

hondarribia 151_R
中世の雰囲気たっぷり。

メインストリートの坂道を登れば、両脇に可愛らしいお店が。

hondarribia 155_R
ここは その一つ。昔の食料品店をそのまま利用したレストラン。

SEBASTIAN

坂を上りきると アルマ広場。
お城というより 要塞という建物がパラドールです。
このパラドールのテラスからの眺めは最高。眼前に ビダソア川が2つに分けるフランスと スペインの様子が広がります。
 ただ、宿泊者のみの利用です。でも、バルでお茶することはできます。
薄暗い館内、1m以上はある壁には圧巻です。さすが 度重なるフランス軍の侵攻を拒んできただけありますね。


a href="http://blog-imgs-43.fc2.com/v/a/s/vascubishokuclub/20110910082856911.jpg" target="_blank">hondarribia 161_R
城外にでて、マリーナ地区に向かいましょう。
この美観地区、細い道の右側にずーーと レストランがテラスをだしているんです。
もとは 漁師さんのおうちだった建物を利用しているとのこと。
赤や緑に塗られたバスク伝統家屋がとってもかわいい。

オンダリビアは サンセバスチャンと同様美食の町と知られています。
*レストラン ALAMEDAで 食べるのもよし。 ピンチョコンクール上位常連 EL GRAN SOL でつまむのもよし。
そして バスク名物炭火焼や 魚介のスープを LA HERMANDAD DE PESCADORESで愉しむのもよし。

おなかがいっぱいになったら、腹ごなしに ヨットハーバーのほうまで 足をのばしても 気持ちがいいですよ。

時間があれば、
港から 渡し船で 対岸にある フランスの町 HENDAYEにいくのも 情緒があっていいかもしれません。


バスク美食倶楽部では 日が長いスペインの夏の間は
フランスバスク&スペインバスク 美味しいとこどり。 サンジャンドリュとオンダリビアの一日観光お勧めします。











 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

残念

今月、フランスはシャルルビル・メジェールにいくチャンスがあったのだけれど、頓挫。しばらくアジアでウロウロしてます。
ジュネは英語はイケないの?

No title

その村はひょっとしてあの人形劇の首都?と呼ばれているところ?英語は大昔それでコミュニケーションしてましたが、いまやどこへ行ってもスペイン語が通じてしまい。。オバサンとスペイン語は世界で通用しますねえ。
プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。