FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巡礼の道は 美食の道  レストラン TUBAL編

agorregui 008_R

巡礼の道ガイドブック、私にとっては これです。
オールカラー、重さ2kg。
コレをリュックにいれて、歩く人はいないだろうと出版記念会で 著者がいっていました。

はい、もってゆきます。もちろん 歩くときには 車においてくけど。。。

これは 巡礼の道を 食に観点をあてて書かれたもの。行く先々でのMUSTなレストランを紹介している美食ガイドブック。

今日は この書に紹介されているあるレストランの徹底レポートです。

RESTAURANTE TUBAL トゥバルという名のこの店。
TAFALLAという 小さな町にあるのですが、車で20分弱のパンプローナから 平日にでも食べにくるという有名店。

navarra 064_R
ここだよと オーナーの息子さんで 料理長を勤める長男のNICOLASが。
スペイン特有のスタイルのこの広場。この立派さ。ココって市役所じゃないの?

この広場の一角にあった小さな店を オーナーであり料理人であり、給仕長であるNICOLASのお母様が 少しずつ買い足して現在の形に。

ご覧ください。 正面が市役所。その横にテラスが出ているところより 1,2階とコーナーをこのお店が占めています!!
入り口横には グルメショップまであり、センスのよいワインがずらり。

navarra 068_R
吹き抜けの階段を上ると 天窓から光が入っていい感じの 中庭席。
特にこの席の横には テレビのあるリビングスペースがあり、スペインのなが~~~い昼食会でも 子供が飽きないように
工夫されている。

それもそのはず、お母さんを頭に 長女長男 その妻とまさに家族総動員のお店だけあって、自分の孫や子供のことを考えれば 家族連れに心地のよいお店になるというものです。

navarra 067_R
クラシックな店内。サンセバスチャンでは スタイリッシュで カジュアルなお店が多い中、さすがスペイン、
食事は しっかりおしゃれしてといった気持ちになります。

navarra 066_R
バースペースには、この通り。OLE!
古今の有名闘牛士の写真やサイン、コスチュームなど。
ちなみに この店は 有名人ならず、王族の方も 寄り道しにくるとか。

ものすごい大きいスペースに ゆったり配置のテーブルの店内にも関わらず、水曜日のお昼に
えらい賑わいで 食べる前から期待が高まります。

サンセバスチャンの名門料理学校を卒業し、それこそ有名店で修行したシェフ。
私の大好きなZUBEROAでは 日本人の同僚がいたとか。
きっと 優しくて 素直なお料理に違いないと確信。

気になるお料理は 次回へ

RESTAURANTE TUBAL

Plaza de Baja Navarra, 4, 31300 Tafalla
948 70 08 52 ‎ ·


Restaurante Tubal の 英語WEB


大きな地図で見る





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。