FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aula de encuentro gastoronomicos ②



春のナバーラ地方 ホワイトアスパラ尽くし

日本では アオハタの缶詰のものが サラダに入ってたりする?
小さい頃、私は あれは マヨネーズの一種だと思ってました。
大人になって、スペインでたべたホワイトアスパラは。。。。。別物です。はっきりいって。

たった2日間の滞在で。。。こんなに。
堂々 写真でご案内。

navarra 006_R
まずは ワークショップ参加のABASTOSのイャゴさん。

navarra 021_R
ナバーラの秘密結社昼食会におよばれした。
採れ立てをボイルし、なんと2日前に瓶につめたもの。缶詰会社経営者が直々に持参。
太い。甘い。ああ、うまい。

navarra 033_R
掘り立てのものを ピーラーで薄くスライス。カルパッチョ仕立て。
超ヘルシー。いくらでもいけそうな軽さ。

navarra 034_R
同様に 軽く鉄板で 火を通したもの。こうすると アスパラ自体の甘みが深まるよう。

navarra 069_R
私にとって上半期ナンバーワンレストランにランクインした、野菜料理で有名なTUBALのニコラスシェフは
なんと サラダ、ロースト、ボイルに クリームの4種類。
それぞれの食感が楽しめる。

navarra 071_R
同じくTUBALの野菜サラダ。
そう 季節の野菜サラダという訳が陳腐になってしまう。
それぞれの野菜の特徴をいかして、調理され、愛情もって集められた野菜たちの完璧なハーモニー。
こんな料理ならベジタリアンになってもいい!!という美味しさ。

というわけで これだけでなく まだまだ アスパラをたべてしまった私。
しかしながら。。。。
なんと 今日は いいものだけを仕入れていることで有名なとある八百屋へ。。。
お目当てはホワイトアスパラ。

サラダのメインともいえる ホワイトアスパラのリボン仕立て。
これは 生のアスパラをピーラーでそいで ドレッシングであえた。というから。
たまらず家で実践。

美味い!!!!

しゃきしゃき感は 日本のウドを思わせますが、心配していた渋みも苦味もまったくなし。
こんな美味しい食べ方があったのかと目からうろこ。
シェフは まとまり感をだすために ジャガイモの超柔らかくゆでたものを少量、ベースに引いていましたが、
私は アボガドでまったりさせました。
トマトに 冷蔵庫でさびしげにしていた残り物の鶏胸肉のソテーもスライス。
かなり にぎやかな一品に。

明日も また このアスパラりぼんを楽しむときめた。
(ちなみに ナバーラでの暴飲暴食は 体重計にまったく影響なし!野菜万歳!)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。