FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子豚の丸焼きって

AGINAGA 016_R

巨大なかえるではありません。子豚ちゃんの丸焼きです。
スペイン語では cochinillo コチニージョとか gorrin ゴリーンと 地方によって呼ばれ方がちがったりしますが、ようするに 子豚の姿焼き。

マドリードの北 セゴビア名物として有名ですが、ここバスクでも 大人数が集まるお祝い事のときに登場することがあります。
やはり ご馳走感あり。周りの人の視線に注目!!

AGINAGA 009_R
以前にも 紹介したバスクファミレスと同じ村にある 
セカーニャ 
バスクの典型的な農家スタイル。                     
                     AGINAGA 023_R
裏には ウサギやら鶏やらの家畜、サッカーグラウンドがあります。
昔は農家だったけど、今は奥さんがバールを切り盛り、だんなさんは工場務めとかそんな感じかしら。

まあ、 バスクの小さい集落に必ずある メニューのない店の一つ。
おばさんがきて、大声で その日にあるものをいう。
もちろん お値段も聞かず オーダーだから 地元の人しか来ない。


AGINAGA 011_R
だから 料理が超豪快。冷蔵庫にあったものを全部いれてしまった!という感じのサラダ。
でも レタスが美味い!ちゃんと おばさんがあらってくれたんだなあ。。。

さて、子豚ちゃんが どうも苦手な私は 牛肉系で。
ちなみにこの日は イースターの木曜日で 昔から 獣肉を食べてはいけないといわれている。アーメン。
AGINAGA 014_RTボーンステーキ 今回は子牛でしたが、かなりよいお味。

AGINAGA 012_R
日本でいえばカルビ? にんにくと塩のみの味付け。炭火の焼くから 油が落ちてて最高。
特筆したいのは 揚げいも。ポテトフライとは断じていいたくない。
生のじゃがいもから 大量のしかも 焦げてない油で からりと揚げてあり、油きりも完璧。
塩なんか 振ってなかったけど、いもの味がちゃんとしているから もの足りる。

デザートは? おばさんが早口で読み上げるメニューの中からチョイス。
AGINAGA 015_R
スペイン母の味といえば、NATILLA ナティージャ。
昔日本にあったハウスのインスタントプリンの素に 大量に牛乳をたし、バニラエッセンスをいれましたという
味はプリンだけど、ゆるゆるの液体状ででるこのデザート。
ここのは 固めで インスタントぽくなくて かなりいけてました。


ここで 意地悪なことをひとつ。
biarritz 035_R
おフランス、ウララ~~!BIARRITZでの一品。
         AGINAGA 018_R
どうだまいったかという量のチーズプディング。添えてある生クリームの上には懐かしカラースプレー。
かなり ヘビーですが、チーズの味が濃厚で ちょびちょびと 完食してしまいました!

バスクの田舎家では 思いっきり田舎風でいいんです。素材で勝負のおいしい料理のオンパレード。
リンゴ酒を飲みながら、家族でわきあいあい。
それにしても、どこへいっても はずさないバスクっていいなあ。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。