スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BAKE FOR チャリティランチ!

4月10日の日曜日に いつも伺っているBASO-ETXEAで チャリティランチをすることとなりました。
そのメニューの最後を飾るデザートを ギプスコア県在住日本人に任されることに。
もちろん 素人です。一名パテシエさんもいるということで 当日お出しするデザートの半分を総勢10名の女子で挑戦しました!!

アッペルストューデルといって ドイツでよく食べられるりんごのケーキ。
ドイツに長くいたライターさんのYさんが 教えてくださいます。

BAKE FOR JAPAN 002_R
会場は 今回の主催者の一人の美食倶楽部。サンセバスチャンではなく PASAIAというお隣の町にあります。

まずは 皮の部分から作ってゆきます。今回はなんと2人一組で 3本作ります!
ボールに 小麦粉をふるいいれ、そこへ溶き卵、塩ひとつまみ、お酢、サラダ油を入れ、混ぜます。
ぬるま湯 100ccを用意し、加減をみつつ、加え 一つにまとめてゆきます。

BAKE FOR JAPAN 005_R
こんな風に粘りがでるようになるまで こねこねこねこねこね。。。。


BAKE FOR JAPAN 007_R
一つにまとまったタネを3等分し、表面に油をぬって、
暖かいところで ぬれ布巾をかけて 30分ほど寝かせます。
               BAKE FOR JAPAN 013_R
30分後にはこの通り 膨れています。

BAKE FOR JAPAN 008_R

さて、この間に 具であるリンゴフィリングつくり。
材料であるリンゴは なるべく甘い種類をチョイス。今回はお店の人に薦められたこのリンゴたち。

BAKE FOR JAPAN 009_R
15本分ですから、こんな大量。。。。
皮をむき、フードプロセッサーで細かくした状態。

BAKE FOR JAPAN 010_R
これに レモンピール、レモン汁、砂糖、細かくきざんだレーズン、シナモン、ラム酒をいれて 混ぜたら できあがり。


いよいよ 本題。
寝かせておいたタネを広げます。

BAKE FOR JAPAN 015_R
30x40くらいの布巾(固めのもの)に打ち粉をし、そこで 長方形になるよう丁寧に伸ばしてゆきます。

BAKE FOR JAPAN 018_R
溶かしバターを表面にぬったら、焦がさないようにバターで炒った細かく切ったパンくずをぱらぱらと。

BAKE FOR JAPAN 023_R
続いて リンゴフィリングをのせ、まずは手前の1/4ほどを巻き込み、

                    BAKE FOR JAPAN 024_R
さらに くるっと 巻いてゆきます。

BAKE FOR JAPAN 025_R
慎重に 天版に移したら、表面に溶かしバターを塗り、オーブンへ。
200度で 40分。

しかし、ただ 入れっぱなしというわけではないのです。。。。


途中 2回ほど 表面にバターを塗ること。
半分を経過したころ 牛乳をかけてあげること。

こんな風に 大事に大事に 焼き上げると。。。

BAKE FOR JAPAN 031_R
このような焼き上がりに!!

かりかりぱりぱりである この状態でたべるのではなく、翌日たって ふんにゃりしたときが食べごろだそう。

大体 一本7等分にきり、軽くあたためたものに パウダーシュガーをふり、
生クリームをそえて 出すのが本場流だそう。。。

それにしても 丹精込めてつくったこの子達、美味しいといいのですが。。

分量 3本分



小麦粉 250g
サラダ油 大さじ1
酢    大さじ1
塩ひとつまみ
溶き卵   1
ぬるま湯 80cc~100cc

具材

粗く切ったパンくず    50g
炒るためのバター     30g
リンゴ         1600g(約8個)
レモン          半分
シナモン        小さじ1
砂糖           80g
ラム酒         大さじ2


牛乳           少々
溶かしバター      適宜




一人ですると かなりの大仕事ですが、
仲良しのお友達で 作ったりすると楽しいかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。