FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスクのファミレスではTボーンステーキをどうぞ。


まだまだシーズン中のサイダーハウスへ。
ちょっと日本人観光客の皆さんには それほどお勧めではないのであえて お店紹介はなし。
(というのも タクシーで往復50ユーロかけるほどのことはないかなっと。)

でも、フランスバスク人は バスで大量に押し寄せてきてます。


ま、バスクといえば Tボーンステーキ。 サイダーハウスといえば Tステーキ。

SIDERERIA AGINAGA 001_R
私は 日本にいるとき こんなにたくさんの肉を目の当たりにしたことはない。


SIDERERIA AGINAGA 005_R
この店は 肉だけでなく 魚のも焼いてくれる。魚は 専用の網にいれます。
ひっくり返すのに最適ですね。

SIDERERIA AGINAGA 008_R
焼き上がり。これが2人前。
そんなにブラボーな焼き上がりでも お味でもないけど、やはり 炭火焼はうまい。
遠火の炭火で じっくり中まで焼くから、赤く見えても 中は暖かく、そしてスプラッタームービー系に血がない。

SIDERERIA AGINAGA 009_R
よく 唄う民バスク人と書かれているのをみるけど、私は 食べる民だと確信している。
でも、どうも 両方する民もいる。自前のチストラーリセット(小太鼓&笛)で、
唄いながら入場してきたこのグループ。
お酒が入ると さらに唄う。。唄う。。。

ちなみに このお店。べつに美味しいわけでもないのに もう何回も使ってしまっている。
その秘密は レストラン形式で 寒くないことと。というわけで 年配の女性がやたら多い。
料理にバラエティがあること。
一番は 敷地内に児童公園があることです!これぞバスク的ファミレス。

というわけで バスクにきたら Tボーンステーキ。
ぜでぃ 召し上がって帰ってくださいませ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。