FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BAKE FOR JAPAN

BAKE FOR JAPAN

スペイングルメブログ界の女王 GARBANCITAちゃんから 面白い記事を送ってもらいました。

何でもニューヨーク在住の日本人が 被災者の方々に何かできることをと思いはじめた運動だそう。

各自、クッキーやケーキを焼く、それを職場や学校へ持っていき 募金を募る。
集まったお金は各自 責任を持って 赤十字なりの義捐金口座へ入金する。

ただ 義捐金を集めるのではなく 自分の周りの人に お菓子と引き換えに 募金を集めるのですから
全然大袈裟じゃないし、簡単にできるはず。

私は この運動におおいに賛同したので
早速 昨日 ラジオ番組に出演したのをいいことに提唱してきてしまいました。

そこで 今回は 計量なしで 超簡単にできるスペインでは一般的なケーキを紹介します。

kokotxa 2 026_R

材料 ヨーグルト 一個
   小麦粉   ヨーグルト容器 3杯分
   砂糖            2杯分
   サラダ油          1杯分
   たまご           3個
   ベーキングパウダー     16g
   リンゴ           1個
   
作り方
  ボールに 上の材料をいれミキサーで かき混ぜる。
  このとき 小麦粉とベーキングパウダーは 入れる前にふるっておくこと。

  細かくきったリンゴを混ぜいれ、型にいれたら
  185度のオーブンで 約40分ほど加熱。
 
  竹くしなどをさして、べたつきがなかったら 焼き上がりの合図。
  もし、表面がごげそうになったら、ホイルでカバーして加熱を続けます。

バターも使わないので 軽い、しかも原始的なお菓子です。
こちらでは 朝ごはんとして ミルクコーヒーと一緒に食べます

私は 砂糖を控えて、その分ホイップクリームや イチゴと一緒に食べたり。
アプリコットジャムでつくったシロップを表面に 塗ったりして 甘みを加えたりしてます。


被災者の方のために 会社のコーヒーブレークをちょっと楽しくできちゃうこの運動をぜひ、やってみてくださいね。
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。