スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の幸腹いっぱい

mi cumple 2011 002_R

バスクで天気が悪いというと。。。暴風雨。雪が降らないだけいいのですが、
外に出る気なんてなくなります。これが10日とか平気で続くのですから 年中水無月状態。
というわけで おうちで 海鮮三昧!!

知り合いの海鮮物問屋へ行って ゲットしたのがこのカニ。
こちらでは 正確にいうとセントージョといいます。
ただ、一般的にこのカニと ブエイという丸みのあるカニを混同し、
総称としてチャングーロと呼ぶようです。

mi cumple 2011 007_R

あまり カニ好きでない私も このセントージョは例外。足の一本一本に身がぎっしりで食べがいがあるんです。
身の質は ジューシーで大味な松葉かに? 

mi cumple 2011 008_R

ここんちは、ゆで方も最高で 中から 水がどちゃ~とでてくることもありません。
しばし、会話なしの食卓。

mi cumple 2011 004_R

さて、お次は ペルセベス。日本語では 烏帽子貝だとか 亀の手だとか。
こちらでは 荒磯に群生。採るのが難しいことから 高価なので 北の珍味とされています。

mi cumple 2011 005_R

亀の手にあたる部分に 爪をいれ、腕をはずすと、、、、
この通り、ピンク色の身が。
確かに 気色の悪いものではありますが、美味。
想像できるように 磯くさくなく くせのないお味。ただし 噛み応えはありです。

上の写真にあるような大きいものは 剥いては 速攻食べてしまう有様で
写真をとれず、残りものの細いもののご紹介です。

mi cumple 2011 006_R

あ、これこれ。うなぎの稚魚(アングーラス)でございません。
グーラスといって なんちゃって。うなかまです!

GURA 001_R

実はこれ、缶詰なんです。
缶をあけて、フライパンで温めるだけ。
うちがよく食べるものは 味もよいのですが、冷凍か冷蔵のみで 日本のお土産には不可なのです。
で、こちら。一缶なんと116g。軽いし、割れないし。
バスクのお土産にいいかもしれません。


さて、こんな 海鮮三昧も もし アパート滞在なら ばっちり可能。
ワインショップで 地酒チャコリーや ガリシアの白ワインを選んで、気兼ねない晩餐はいかが?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。