スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケメン出張料理人 石川進之介 美食倶楽部体験 ①

お料理道具一式をスーツケースに詰めて、ヒョイと出張料理をしてしまう、石川進之介が サンセバスチャンへ。
ホットな食文化を体感するというのがその目的。
石川さんのブログは、food-trip

daido 100_R


今回は お料理をおだしするのではなく 石川シェフがバスク料理を教わります。。。。

講師は 高城剛さんの本でも紹介させていただいた名門 ルイスイリサール料理学校の先生。
まずは ピンチョの元祖、ヒルダを習いました。

daido 113_R
石川さん、なんか鯉のぼりみたいなんですけど。。。。
daido 115_R
オリーブオイルを塗り塗りして 一口で食べるんだよと指南され。。。





お次は 全卵を使ったマヨネーズ。80年代の懐かしピンチョにはかかせません。
今日はツナマヨ。

daido 108_R
ハンドミキサーであっというま。二人の共同作業

daido 116_R
例え、プロでも 先生に習うときは真摯な態度。

daido 134_R
簡単だけど、たまらない一品。頂きます!

メルルーサのアゴ肉、ココチャのピルピルソースにも挑戦。
フライパンの動かしかた、そして火入れがポイントのこの料理、材料は簡単で単純なはずなのに、なかなか難解。
石川シェフ、褒められまくりの結果がこれです。

daido 137_R

習いっぱなしでは終わらない。。。
石川の反撃は 後編で。。

バスク美食倶楽部では バスクの旅を忘れられないものにするお料理教室をお勧めしています。
お料理が得意ではない、そんなかたは先生に作ってもらって本来の、美食倶楽部体験しちゃいましょう。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いけめん!

素敵ですね。
イケメン料理人と言えばベリッシモ・フランチェスコさんしか知らなかったです。
また遊びに来ます!
プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。