スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のMUGARITZ大解説②


arita 009_R
厨房に案内してもらい、そこでも一品頂く。バスクでは炭火焼で良く食べるロダバジョガレイの幼魚のフライ。

arita 011_R
ブラディマリーと名づけられたこの一品。トマト」にトマトが塗ってある。

arita 013_R
ロブスターの身と麹のようなもの。。。。。。

arita 014_R
骨付きサーロインの身のタルタルステーキをスペイン鯛の魚卵と合えたきわめて不思議な一品。

arita 016_R
有田焼アーティスト寺内信二さんとのコラボ。
タバスという世界中に大昔からある遊びを、ガストロノミックレストランのテーブルへ。
食卓上ゲームと訳します。
勝者は 磁器でできた(寺内さん作)のタバに載せられたそれはそれは美味なキャビアが。。。
わけあうもよし、一人でたべるのもよし。
その他大勢は茶碗蒸し。

arita 020_R
サンセバスチャンの学会でもテーマとされた一品。
BUEY DE MARという蟹の身をほぐし、繊細な香りがつけてある官能的な一皿。

arita 021_R
プリンの姿をした豆腐、のようなもの。

まだまだ続く。。。。いつまで続く。時間がない人にはMUGARITZはお勧めできません。

バスク美食倶楽部では 予約が難しいお店のお席をご用意できます。
まずはご相談ください。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。