スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシェラン三ツ星アケラレを大解説!①

サンセバスチャンには***がみっつもあるんです。
その中でも シェフとも親しくしてもらっているアケラレは自分のご褒美を言い訳に自腹してしまう一軒です。

お料理のみならず、カンタブリアの絶景が楽しめるこのお店はドレスアップをして、ゆ~~くりお食事を楽しみたいところです。

でも、このお店の魅力は そのお料理やロケーションにあらず!
シェフ ペドロ・スビハナさんにありです。

バレンシア地方のとある町のパエリアコンクールによばれた際にバスクによってくださった、お料理の先生のために予約をしたのですが、シェフ自ら、明日はうちの教室のキッチンで アペリティブしない?とお誘いが。。。

mori festi 069_R
これが ご自慢の教室のキッチン入り口。研究室、そしてレクチャーやプレゼンをするときに使うスペースです。

mori festi 073_R
大学のゼミの教室のよう。。。

mori festi 077_R
ペドロの遊び心を 現代のテクニックを駆使して実体化したアペリテイブ。作り方の講義をうけつつ、その場で頂きました。
海底をイメージしたこの一皿。見かけだけでなく、お味もいけてます。

mori festi 078_R
食傷気味の女性陣のために ペドロがアラカルトで献立を。
まずは 新鮮なえびを スペインのグラッパにあたる蒸留酒オルッホでフランベ!
mori festi 082_R

mori festi 083_R
必ず地物のものでバスクらしさを加えるペドロ。このお皿にはモロッコいんげんのソースで彩りを。

mori festi 086_R
新作ということで、わくわく。あんこうのカルパッチョ。あたたかいお出汁をかけるので深海魚を生で食べるということへの抵抗が和らぐ。アカザえびも甘い。

mori festi 088_R
大好きな一品。パスタで作った何ちゃってカルパッチョ。季節のきのこやチーズも満載。
文句なしでうまい。

続きは ②へ

バスク美食倶楽部では ミシェランの***レストランの予約やアテンドをしております。
ガイドといくことでタダのお食事が今までにない経験の世界へ。。。となるかもしれません。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。