FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MARTIN BERASATEGUI ミシェラン3星 ガイド 後編

さて、後半。まだまだお料理は続きます。

martin berasategui 02.13 015_R
卵の黄身の上に イベリコ豚のアゴ肉で作った湯葉状のものをかぶせた一品。美味しいです。単純に。卵ですから。

martin berasategui 02.13 016_R
2001年。お花畑のサラダ。当時画期的だったこのサラダ。今でも色あせてないと思う。ただ、ロブスターの量が10年前に較べて少なくなったことは確か。。。

martin berasategui 02.13 017_R
大好きな舌平目。
私はひめじが苦手なのでいつも変えてもらいます。

martin berasategui 02.13 019_R
こちらは ひめじのうろこを油でかりかりにした。。。というMARTINの代表作のようなもの。毎年マイナーチェンジされつつもメニューにランクインしている。

martin berasategui 02.13 021_R
メインは小鳩ちゃん。こちらも臭みが少なく非常に食べやすい。量も本当に丁度いい。

martin berasategui 02.13 022_R
ブラッドオレンジのアイスとグラニテ
MARTINはパテシエでもあり、デザートレシピ創作にも長けている。
特に甘くなく、素材の甘さだけを最高に引き出している。そんなものばかり。
martin berasategui 02.13 024_R
チョコレートの一皿。生のアスパラやかぼちゃの種の砂糖がけで旨味やクランチな感じを加え、チョコレートのデザートか、重いなという印象を完全に覆す。

甘いものが苦手でできればデザートはパスしたい。ひどいときはお魚にかえてもらう私ですが、
MARTINのデザートはぺろりといけます。

martin berasategui 02.13 025_R

最後のプチフール。非常に素敵な演出。でも、これはもうはいりません。

今日も完食。ご馳走様でした。

バスク美食倶楽部では 予約の難しいお店の予約代行、レストランアテンドを承ります。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。