FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分子料理だって実は簡単!現代ピンチョ教室

josean 08.12 043_R
ビンナガマグロの油漬けを赤ピーマンピューレでコーティング。セボジェッタネギとピーマンのビナグレッタソースで頂く。見た目と異なり味はお馴染み、定番のおいしさ。

一見 奇をてらったような印象を受ける分子料理テクニックを駆使したZERUKOのピンチョ。
でも、基本はしっかり。バスクの郷土料理の材料、しかもいいものだけを使うのでお味は安心。

こんな現代ピンチョって、どんな風につくるのかな?
実は 以外と簡単で しかも 楽しいのです。

ZERUKOがおやすみの月曜日、オーナーのホセアンにお願いして、特別クラスをしてもらえます。


josean 08.12 040_R

赤ピーマンピューレに KAPPAをまぜて、加熱。
なんだか チョコレートフォンデュの素みたいなのができました。
これで オリーブの実をコートすると。。。

josean 08.12 042_R
こんなにかわいいプチトマトに変身。

josean 08.12 015_R
日本でも おなじみのエスフェリフィカシオン。
液体を卵の卵黄状にまとめるテクニックです。

josean 08.12 020_R
トマトのおろしたものを球状にします。酸が強いものは難しく、カルシウムの多いものは簡単なんだそうです。
化学の実験風ですが、材料はいたってナチュラル。

josean 08.12 046_R
トマトのエスフェリフィカシオンを 即席でアレンジ。
新しい食感のトマトと、生ハム。 見た感じには新しい印象を受けますが、お味は想像通り。

約2時間のクラスに、試食もいれて 大充実の2時間半。
最近では 分子料理に使われるTEXTUREシリーズも インターネットで手に入るので
おうちでも 早速作れますね。

お客様がびっくりすることはまちがいなしです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。