スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の贅沢で MIRADOR DE ULIA


クリスマス目前で 何かと家族ネタで忙しくなる前に ゆっくり食べ納めしようと、仲良くしていただいている方と
MIRADOR DE ULIAへ。

天気がよければ 山道を歩いていこうなんて思っていましたが、今回も雨。すごい雨。

でも、これが最高の贅沢なんですよ。ほら、この通り↓

mirador 2011 007_R
その名も黒い卵。バスク名物イカ墨でコーティングされた牧場の卵の黄身はデカイの一言。アペリティブです。。。<


mirador 2011 008_R
三皿目に出てきたこのお品。日本だったら十分にメインの風格&量。
豚の三枚肉の柔らか煮。表面は上品にカリカリそしてジューシーに仕上がってます。
私の苦手なバスク郷土料理、豆の煮込みの再構築。
シェフ曰く あの豆料理のいいとこは あのスープってことで、小豆色のおだしに、
付けあわせには欠かせない キャベツ、ジャガイモをニョッキに仕立てて添えています。
すごくおいしかった。 というか説明が長いことで 伝わりますね

mirador 2011 010_R
苦手なものはと聞かれて フォアグラとキュウリと答えていた私。
バスクに来てからのトレーニングで すっかり 好きになりました。
とにかく 高品質。今まで食べていたものは だめな子だったから苦手だったものかもしれません。
とにかく 臭くない。くどくない。
今回は フォアグラのタタンと題して。ソースがお決まりのリンゴではなく 甘めの抑えたパイナップルというのもかなり新鮮な一品。
ぺロリと完食。

mirador 2011 016_R
季節の野菜たち。イベリコ豚のおだしが効いていて 旨味たっぷり。もう一皿いけそう。

mirador 2011 021_R
この後 いろいろありましたが、メインは 鴨。
ジビエもあまり得意でないし、子豚ちゃんもちょっとの 私が丁度食べたかったものでした。
照り焼きのような最高の焼き具合。

mirador 2011 022_R
甘いものよりお酒な 女性二人組みとしては こんなデザートが2品もでたのはつらかった。
でも、上品で良いお味よ。

mirador 2011 024_R
何よりのデザートは。。。
この絶景と 大好きなジントニック。
そして シェフとの語らいのひと時でしょう。

絶景席は 改装して さらに 絶景に。
眼下に広がる街は 傘がいっぱい。
ちなみに 波浪警報もでていたので 危険を高みの見物でした。

天気が悪い日は ぜひ。
ここで至福のときをすごしてみてください。


大きな地図で見る







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。