スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシェラン三ツ星アケラレを大解説 後編

mori festi 095_R

量が食べられないというご要望で特別にアラカルト構成にしてもらった今回のランチ。
メインはお魚です。
私は 大好きなMERO。日本ではむつというのでしょうか。大好物です。食欲が増すこの焼き色!
もちろんお味も最高。

mori festi 094_R
ペドロの代表作ともいえる一品。ひめじ一匹を一皿にまとめたもの。切り身には骨や頭で作ったペーストを塗って、肝ペーストを添えます。フッシリパスタの中にはソースが注入されています。見た目もかわいい一皿です。


mori festi 093_R
ココチャ(アゴ肉)のないロダバジョガレイのピルピルソースで作った何ちゃってココチャが良くできている。
切り身はもちろんロダバジョガレイ!

mori festi 096_R
おなかに余裕のある人は お肉にも挑戦。
上質の赤みのビーフはさっぱり、でもコクがある。シンプルに丁寧に作られたグレービーソースで頂くから
おなかが一杯でもいけちゃいます。
塩味のテイラミスは これを単品にして欲しい!と思うくらいの美味しさ。

mori festi 097_R
デザートを一品頂いて、食後のお茶は ベルべーナにしました。緑が鮮やか。
コーヒーがダメな人にも いろいろチョイスがあるのがさすが***です。

あっという間の至福の時間。気づけばもう4時間がたってしまいました。

とかくお天気が安定しないサンセバスチャン、大雨だって雪だって、へっちゃらです。

レストランにお篭りすればいいのですから。
特に景色がよいところがお勧めですね。このアケラレは 夏場ならデイナーで最高の夕焼けが楽しめます。
時にはカンタブリア海に落ちる雷なんていう大自然のショーを楽しめることも。

バスク美食倶楽部では ***をはじめレストランの予約手配、アテンドを承ります。
WEB予約でうまくいかなかったかたもあきらめないでお問い合わせくださいね。








スポンサーサイト
プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。