スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様の声を紹介させていただきます。

東京でレストランを経営されるK様より

こんにちは、あれからもう半年近くが過ぎました。
楽しい時間をありがとうございました、貴重な経験はようやく、血になり肉に成って来ました(笑)
自分は今回のバスク旅行でバスクの味を調べるつもりでしたが、食材にも料理にも特に強烈に飛び出してるものはありませんでした、それよりもバスクの料理人達の料理に対するひたむきさ、真面目さに感動しました。
バスク料理って何って聞かれたら、料理名とかではなくバスク人気質が魅力なんだと説明してます。
それはあのソシエダ料理教室の料理体験が決定打になってます。
今回の旅行の目玉のひとつが、現地で現地の食材を使って料理を作ると言う目標がありました、それは意外と簡単に達成できました(優秀な現地コーディネィターがいましたから笑)それよりもそこで習ったアンコウのピルピルソースの応用のグリンソースとか、私のお手伝いをしてくれたマエストロのホセ先生の技量、優しい心、真面目な人柄に感動しました。
バスクの料理人がみんなこうなら当然その料理は素晴らしいのは当たり前です。
バルでピンチョスを食べてもレストランで豪華なディナーを食べても底にある心意気は同じなんです、だからなにを食べても美味しいって感じるんです。

こんな基本的なことに気づかされた旅行でした、山口さんありがとう、私の探してた物がありました。


K様のお店は ラパンドールというフレンチです。東京においでのさいにはぜひ。

http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131405/13043614/


大きな地図で見る


スポンサーサイト
プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。