スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山バスクの醍醐味は。。。

常日頃 海というものを肌に感じて生きている海バスクな私ですが、
今日は 山バスク。サンセバスチャンから RENFEスペイン国鉄で 25分 内陸にはいったANOETA村を訪問。
お菓子で有名なTOLOSAから2kmのとても小さな村なんです。

enero 2012 021_R

お友だちに案内されて 森の中へ。ドロ道をゆくこと、三十分。

enero 2012 025_R
誰ですか?野犬なんていったのは!お散歩の大事なパートナーのふくちゃんです。

enero 2012 023_R
小一時間も歩くが あっという間。
ぬかるみの道の終点は 渓流がせき止められて自然のプールになっている。
この先は まさに
分け入っても分け入っても青い山
高校の国語でならった俳句の世界。
となりの村まで獣道5km。

enero 2012 024_R
なんともいえないグリーンの水面。まるで河童の住処のようです。

ここで水浴びしたら、どんなに冷たいだろう。。。たとえ夏でも。
実は 夏には 同じ考えを持つ人々で賑わっているようですが、
1月 小雨もちらつく中では ここで水浴びしている織姫の衣を。。。。牽牛が。。なんて 想像も易い。

おとぎ話のロケーションをみつけた 素敵な散歩でした。

enero 2012 019_R
バスク美食倶楽部ですもの。食べなければ。。。。
この日、 友人が用意してくれた1品。
ひめじのから揚げ。
このピンク色のお魚は SALMONETEといい、小骨が多いので魚好きにしか愛されていなかった幸薄い子でしたが、
近年、ある***シェフが 綺麗に3枚におろして 小骨を完全に除去(だってタダ働きがいくらでもいるもの。。)してメインに使用するようになってから、他のお店でも えらそうに(失礼)出すようになりました。
ポン酢で頂きました。美味。






スポンサーサイト
プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。