スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンシア パエリアコンクール

valencia 100_R
最終選考に選ばれたパエリアたち。

バレンシアの新市街、芸術文化都市地区にて行なわれた バレンシア風パエリアコンクール。
優勝者には 1000ユーロ。
お米や入れる具材は 大会側から配られるので 味付けや炊き上がりに焦点が。

そのパエリアコンクールの審査員の一人に 数寄屋橋次郎の禎一さんが。。。。
200組が参加したので 会場にある一列 50パエリア鍋の試食。。。。。。
青空の下 200個のパエリア鍋を囲み、人々がパエリアを作る様は圧巻。

valencia 100_R

その上、観客たちも美味しいパエリアにありつけるよう、大なべでもご用意。
学会参加のシェフたちも写真撮影用に ポーズ。
それにしても すごい量。

valencia 094_R
こちらが 有名な本場 バレンシア風パエリア。
他のパエリアと違う点は かたつむり、うさぎ、まめなどは入り、タイムで飾りつけるんですって。
ちなみに PAELLLA MIXTAは 海老やムール貝などの海産物、鶏肉や野菜など海の幸山の幸が両方はいっているのもの。
PAELLA DE MARISCOSは 海の幸のみ。


valencia 095_R

本場の味?
そうですね。
ずばり、お米を油で炊いたもの!
味付けも ハーブが利いてるし、久々にスペインを食感しました!

ちなみに 優勝グループは 学会にもお手伝いに入っていた地元の料理学校の皆さん。
苦労が報われましたね。


スポンサーサイト
プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。