スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一夜限り。水族館で SUSHI

okubo 028_R

映画祭の会期中のある晩。。。
水族館へと向かう階段が。。。
銀座駅の入り口に。。。。

毎年 趣向を変えて行なわれる映画祭のパーテイ。
今回は なんと水族館で 日本が誇るすし名人、数寄屋橋次郎氏のドキュメンタリー上映をメインテーマに
SUSHIとPINTXOのコラボが行なわれました。

okubo 033_R
ご覧の通り、お魚たちが泳ぐ様を眺めつつ、おいしいものをつまむという趣向。

okubo 029_R
いつもの海底トンネルも 今日は魚より ピンチョに目がいきそう。

okubo 031_R
赤いものは ビートでつくったシート、したには アボガド、アンチョビ。あっという間になくなりました。

日本人の私には 味噌田楽。でも ガイコクジンには マグロのにぎりに見えるのでしょうか。

okubo 030_R
鯵のにぎり。これは あくまでも SUSHIです。お許しください。次郎さん。

それにしても 多いに 寿司に手を出す方がいて、なんと感激。
いまから15年ほどは SUSHIといっても誰もわからなかったのですが、いまやヘルシーでおしゃれなSUSHIは
すっかり市民権をとった様子でした。




スポンサーサイト
プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。