スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンティアゴ巡礼の道は 美食の道

san martin 027_R
サンマルティン礼拝堂横から カンタブリアを臨む。下に拡がるのがORIOの海岸。
疲れた~。

san martin 061_R
って。ここが本当の目的地。
ASADOR SAN MARTIN
WEB
いわゆる海バスクを満喫できるとっておきのお店。
前回と同じくバスクの典型的建築物。でも、田舎家なのではなく ちゃんと海バスクっぽい田舎家風にしてある素敵な内装。
san martin 038_R
壁に埋め込まれた樽には 生簀が。。。
san martin 044_R

さて、今日は お勧めコース 46ユーロ+TAXを徹底レポート。
まずは、いつものように。。
san martin 043_R
先週のと違う点は たまねぎを甘くなるまで炒めたものがはいっていて
それを絡めることで 口の中でたまねぎドレッシングを体現できることか。

san martin 045_R
これは 超おいしそうだったので 写真を撮る前に 危うく腹に消えてしまいそうだった一品。
地物の小ヤリいかのソテー。超やわらか。魚卵を少しまぶすことで イカのおだしと絡みあいいい感じのソースになっていた。パンでお皿をぬぐいきった美味しさ。

san martin 046_R
ポルチーニ茸のプディング。山に囲まれたこの辺では オンゴス(ポルチーニ茸の一種ヤマドリ茸ともいうらしい)を良く食べます。
茶色いのは シェリー酒を濃縮したもので、甘くてコクのあるソースが茶碗蒸し風のぼんやりした味を引きしめます。

san martin 031_R
店内は禁煙。長いコースの合間にタバコを吸うもよし、お庭で遊ぶ子供を見張るのにもよしのテラス席。

この店は シーフードを食べさせる店。生簀もあると書きました。
で、
san martin 050_R
カンタブリア産オマール海老の鉄板焼き
期待していなかったのですが、、、やられました。
身が甘い!美味!まるで刺身で食べるような味わいです。
650gの半身とはいえ、鉄板焼きですと、 身が焼き具合が丁度良いと 爪が生焼けになる傾向がありますが。
ここは 完璧でした。爪の中身もふんわりと火が通っていて するりとむけます。
これまた 甘い!こってり!
バターとか 特別な味付けなしで 素材の味を楽しめました。

san martin 054_R
最後の締めは 牛フィレミニヨン。もう食べたくないなあと思ったのですが。
肉の質に驚き
こんなにいい味がある肉を使うんだから、やめようよ。このソースといった感じでした。
あまりの美味しさで お腹いっぱいなのに 平らげてしまいました。

san martin 056_R

                             san martin 057_R
コースについてくる 自家製チーズケーキと くるみとチーズのプディング。
甘さを抑えていて 満腹でも するりと入る感じ。

san martin 060_R
ケーキはヘビーだったので 頼んでみたヴァレンシアーノという一品。
オレンジの名産地VALENCIAの名がつくだけあって、オレンジジュースに自家製ヴァニラアイスをたっぷりいれ、オレンジリキュールをた~~ぷりかけたもの。文句なしに良かった
実は この前日他の店でも頼んで、うちでも応用できるなあと思っていたもの。

巡礼の道を体験できるだけでなく バスク人の生き方が体現できる(ちょいと大袈裟?)このプラン
ぜひ お問い合わせくださいませ。















スポンサーサイト
プロフィール

mendiohea

Author:mendiohea
山口純子 95年よりスペイン在住。結婚を機にサンセバスチャンに居を構える。
現在は 美食コーディネーターとして 料理学会の通訳や、テレビ雑誌のコーディネートに携わる。
一般の観光客むけに 美食倶楽部でのバスク料理教室や バル巡りなどをプロデュース。
菅原千代志氏と共著でスペイン美・食の旅 バスク&ナバーラをコロナブックス平凡社より出版。
お問い合わせ mendiohea@yahoo.co.jp 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。